夏服メンズカジュアルで、ダサいと感じた男性の夏の服装

人気コーディネート8000以上掲載!メンズスタイルのコーデをみてみる

 

 

夏服メンズカジュアルで、ダサいと感じた男性の夏の服装

 

私がダサいと感じた男性の夏の服装は、「半そでポロシャツの襟を立て、ケミカルウォッシュジーンズのなかに入れて、ベルトをしている」という格好です。もともとファッションに疎く、他人のファッションを見て「ダサい」と感じることはほとんどないこの私でさえ、この格好を見たときは「え!・・・」と引いてしまいました。上着もパンツもどちらも体に合っておらず、中途半端にピタっとしている状態で、ズボンの丈も微妙に短く、若干足首が見えすぎていました。あとポロシャツの襟立てはどうしてもナルシストのようなイメージを持ってしまいますし、ケミカルウォッシュジーンズは逆にどうしても不良っぽいイメージを持ってしまうので、その上下の組み合わせのちぐはぐさ加減もダサさを加速させていました。

 

またジーンズにベルトの組み合わせも、カジュアルとフォーマルが混ざっている感じで、こちらもちぐはぐな印象でした。やはり、上着もパンツもあまりにも体にぴったりだと、暑くるしい印象を与えかねないので、適度にゆとりがあるほうがいいし、カジュアルならカジュアルで、フォーマルならフォーマルである程度統一されているほうがすっきりすると個人的には思います。なので「半そでポロシャツ(襟立て)、ケミカルウォッシュジーンズ(ベルトつき)」ではなくて「半そでポロシャツ(襟を立てない、一番上のボタンひとつ開ける)、濃紺のストレートジーンズ(ベルトなし)」という上下の組み合わせであれば、よかったんじゃないかなと思います。 「涼しげなきれいな色の、少しゆとりのある綿の半そでシャツ、ベージュでシンプルなチノパン」全体的に爽やかで涼やかで清潔感があり、適度に上品で、かっこつけない自然体な装い。私はこんな服装の男性が好きです。

 

151515151